000000
腹ペコ山男食堂
-- 「うまい!安い!早い!」(^^)をモットーに営業しております(年中無休) --

- [山男の厨房へ] - [調理法] - [食材探し] - [調理済み] -


おなまえ
合い言葉(必須)
合い言葉腹ペコカレー です。

タイトル
コメント
URL
添付File
パスワード (英数字8文字以内削除編集用)
文字色



ひさびさの六甲散策
投稿者:腹ペコ山男 投稿日:2011/07/02(土) 20:28 No.5413
 
梅雨入りも早かったので、なかなか出かけられませんでしたが、六甲を散策してきました。やっぱ気持ちいい!

http://blog.livedoor.jp/fw190d2dora/archives/51992050.html




腹ペコでググりました
投稿者:ほえん 投稿日:2011/04/07(木) 21:18 No.5411
 
腹が減ったので、腹ペコでググったら、ここにたどり着けました。(^_^)
自分は登山はしない(体力が…)のですが、限られた条件の中で、如何に食事を楽しむか、ということは、飽食の時代、新鮮に思います。
山の経験に留まらず、軍隊のレーションまで調べられたり、大変楽しませていただきました。
今後も頑張って、是非ともページを続けて下さると嬉しく思います。
では、失礼します。




Re: 腹ペコでググりました
腹ペコ山男 - 2011/04/07(木) 23:26 No.5412
 

ほえんさん
腹ペコでたどりついたのも何かのご縁かと。私も体力が一番無かったので無心にトレーニングに励みつつ、少しでも食べ物でなんとか出来ないかと無い知恵を絞ったのがこのサイトのコンテンツそのものです。かなり少ない食料でも耐える自信と自分がこれくらいの量なら動けるという限界を知っておくといざというときに肝が据わります。阪神大震災で被災した際にそれは感じました。
HPは閉鎖しようと思っていたのですが、そろそろひさしぶりにテントで山のぼりもしたくなってきたので、もうすこし残しておこうかなと思います。




発見!
投稿者:腹ペコ山男 投稿日:2011/01/24(月) 23:32 No.5410
  HomePage
検索していたら、こんなコメント発見。
PEAKSの原稿書いた人かな。UIはともかくという下りに思わず笑ってしまいました。たしかに古い・ダサい・そのまんまですもんね(汗)

<以下>

山での食事、山食に関する原稿完了。色々調べたけど、山食に関するまとまっているサイトは皆無なのね。UIはともかく、一番まとまっていたのは「腹ペコ山男のお部屋」 http://bit.ly/dcKgpn と「山と燻製の日々」 http://bit.ly/9ChlLJ




あけましておめでとうござい...
投稿者:腹ペコ山男 投稿日:2011/01/04(火) 21:57 No.5409
  HomePage
あっという間に2011年ですね!

年始早々ではありますが、そろそろこのサイトの閉店も考えねばならない時期に来ているなーと思います。

ぼちぼち考えていきたいと思います。





今日の剱岳
投稿者:りょう 投稿日:2010/12/07(火) 21:34 No.5407
  HomePage

 ほんっとうに久しぶりです。
 「今日の剱岳」っても、もう3日も前の12/4(土)の剱岳です。剱岳のちょうど手前に虹がかかっていたので。
 最近は時間もお金もチャリの方に投入しているので、山はとんとご無沙汰ですね。冬はなかなかチャリに乗れないので近場の山で遊ぼうと思ってはいますが。

 腹ペコさん、やっぱヤマト見ましたね。私も見ました。
 昔からのコアなヤマトファンには否定的な見方をされることが多い映画のようですが、私は素直に楽しみました(私もそうとうコアなヤマトファンでしたが・・)。




Re: 今日の剱岳
腹ペコ山男 - 2010/12/09(木) 21:42 No.5408
  HomePage

おおおお、りょうさんお元気でなによりです!

私も最近は模型に投資してます(爆)ちょい不健康ですねー。ほんのときどき山というか、ハイキングに行ってるくらいです。

言い出したらきりがないでしょうけど、実写化というのは凄い試みだし、私もアニメとはすこし切り離して単純に素直に楽しみました。それでいいと思います〜。どだいあの壮大なスケール感を2時間で出すのはむずかしいですからね〜。アニメだから出来るというものあるとおもいますし。




京都大文字山と六甲甲山
投稿者:腹ペコ山男 投稿日:2010/11/22(月) 23:10 No.5406
  HomePage
いわゆる低山ハイクの部類ですが、秋の低山を楽しんできました。BLOGにUPしてます。

大文字山
http://blog.livedoor.jp/fw190d2dora/archives/51913282.html


六甲甲山
http://blog.livedoor.jp/fw190d2dora/archives/51913449.html

http://blog.livedoor.jp/fw190d2dora/archives/51913453.html




炊飯袋
投稿者:しゃちきの旦那 投稿日:2010/08/16(月) 10:59 No.5400
 
はじめまして、しゃちきの旦那と申します。掲示板に炊飯袋のことが載ってましたので、私も報告します。私が使用したものは、ビニール袋のものではなく、外見は和紙のような感じのもので、使用方法に従い、米をとがず、そのまま入れ、20分グラグラと煮たあと、別のコッヘルに移し、約10分蒸らして出来上がりというものでした。立山の雷鳥沢野営場(標高2250m)で挑戦しましたが、初挑戦でも、米に芯が残らず、うまく炊けました。もし機会があれば一度試してみてください。なかなかのスグレモノでした。



Re: 炊飯袋
腹ペコ山男 - 2010/08/16(月) 21:44 No.5401
  HomePage

しゃちきの旦那さん
こんばんは。炊飯袋レポートありがとうございます。1人分の米はコッヘルではなかなかうまく炊けなかった経験と短時間で満足したいという思いから単独行の場合はほとんどα米で済ませてました。蒸らしがポイントなのかもしれませんね。探して見たいと思います。

あすかパパさん見てるかな(^^)




Re: 炊飯袋
あすかパパ - 2010/08/24(火) 22:45 No.5402
 

見てますよ〜
経歴を書くと長くなるので手短に.....
オートキャンプではコッヘルで炊いていました(小学生の頃は飯炊き当番で石油コンロで家族の飯を炊いていましたので)。山ではコッヘルを洗うのが面倒なのでズ〜とα米を使っていました。
最近、α米の食感に飽きてきたので、別の方法を探していたら、しゃちきの旦那さんの「めし袋」と今回試したビニール製の炊飯袋に出会いました。水が節約できるのと、そのまま持ち歩けることでビニールの炊飯袋に決定し購入、んで試した次第です。
その後、研究した結果、どの方法も炊く前に浸けておく時間と炊くときの水の量、及び火加減でどの方法でも芯の無い米がたけるはずとの結論に達しました。
実証の結果は、また報告します。




Re: 炊飯袋
腹ペコ山男 - 2010/08/28(土) 10:21 No.5403
  HomePage

あすかパパさんこんにちは。
おお、良かったです。山メシキャンプメシのご経験は私よりもありそうですね。失礼いたしやした。実証結果はまた教えてくださいね。以前軍隊のレーションを調べた際に旧日本軍でもセロハン袋を使った炊飯方法の記事が掲載されていましたので、構想そのものは昔からあったのでしょうね。




Re: 炊飯袋
あすかパパ - 2010/10/01(金) 18:18 No.5404
 

ビニール製の炊飯袋の続きです。場所は八ヶ岳の行者小屋ですので前回と標高はほぼ同じ。水を2〜3割増やして1時間浸けて置き、約40分間沸騰させた湯に放置したところ芯の無いご飯になりました。ただし、ご飯が圧縮されるのは前回と同じです。袋の体積以上には膨らめないので、米同志がくっついてしまうようです。
しゃちきの旦那さんの、たぶんユニフレームの「めし袋」だと思いますが、同じ雷鳥沢で試してみました。こちらは確かにレシピ通りの作り方で普通のご飯になりました。こちらの方が良さそうです。
残った湯は多少白く濁っていましたが、味噌汁やカレー(湯戻しタイプ)に使っても何の問題もありませんでした。使った米が無洗米だったのが良かったようです。
腹ペコ山男さん、良かったらこの2種類をお送りしましょうか?




Re: 炊飯袋
腹ペコ山男 - 2010/10/11(月) 09:37 No.5405
  HomePage

あすかパパさんこんにちは。

レポートありがとうございます。なかなかちゃんと炊こうと思ったら、時間がかかるのですね。

非常に興味はありますが、いただいても試すまでに時間がかかりそうですので、今回はご好意だけ受け取らせてください。(^^)この掲示板は画像が貼れるので、試されたメシ袋の写真や炊飯の様子を撮影されているのでしたら、UPしていただけると幸いです。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -

処理 記事No パスワード
[管理用]


KENT WEB© スパム対応版